ぶっちゃけるが情報提供は初心者の方が有利だよ

【この記事のプレゼンター】田邉輝恭
WEBプロモーター。煽らない自然体なライティングで商品を販売し業界平均を超える成約率と
高い満足度でリピートしていただくプロモーションの構築を得意としている。
なお本人は熱烈的な納豆親父である。弱点はあさりとシジミ。

詳しいプロフィールはこちら
完全無料のメルマガと読者の感想

こんにちは
WEBプロモーターの田辺です!

 

メルマガやブログを通じて情報発信していますか?

 

インターネットを使ったビジネスにおいて情報発信は絶対に欠かせない要素ですが、始めたばかりの初心者さんは意外とハードルを高めに感じちゃうもんなんですね。

 

なんてったってぼく自身が初心者時代、メルマガの発行が怖くて怖くて4ヶ月も何もできなかった時期がありましたから笑。

 

「こんな誰でも知ってそうな知識しか持ってないのに、生意気に情報発信しても読んでもらえるのだろうか、、?」
と、本気で悩んでました。

 

だけど結論から言うと、初心者だろうが未経験者だろうが、堂々と知ってることを発信すればいいんですよ。ぶっちゃけ度胸の問題なんですね。…ということを、クライアントさんとのコンサルを重ねるうちに改めて気づきました。

 

ただね、初心者さんにありがちなのが「テクニックを使わないと…」という文章のトリックを追いかけるというモノです。

 

だけど、ぶっちゃけそんなもの必要ありません。

 

 

情報提供するということは、つまり

ネットビジネスをするときは、なぜ「情報提供をしなければならない」と考えてしまうのでしょうか?

 

その答えは、全てはお客さんのためですよね。お客さんと信頼関係を構築してビジネスを長期にわたって行うために、情報提供するんです。

 

だけどネットビジネスを始めたばかりの人というのは、なぜだか勝手に「自分が一番知識がない人間だ。自分が発信できる情報はすでに山のように公開されてるから、わざわざ自分の情報なんか見る奴はいない」と思ってしまうんです。

 

もしくは、成功体験がないことに起因して「誰でも知ってるような情報を自慢げにいうんじゃねぇよカス」などと侮辱されることを、先行してイメージしてしまうんですね。

 

だけどそんな心配ははっきり言って無用なんです。

 

なぜならこのネットビジネスやコピーライティングという市場は、まだまだ知らない人の方が圧倒的に多い世界だからです。そして需要はますます増える一方なんですね。

 

その証拠に、あなたの周りには「コピーライティング」とか「マーケティング」を知ってる人っているでしょうか?

 

結局はそういうことなんですよね。今は信じられないかもしれませんが、実践的な経験を積めば自ずと見えてきます。

 

情報提供するということは、あなたより知識や情報がない人にそれらを提供することで、感謝さながらお金をもらう(=商品の成約)ということです。

 

それに情報提供をくり返して経験を積んでいくと、ある地点から自分より実力のある人にも情報提供する立場になる時がやってきます。

 

なぜそんなことが起こるのかというと、経験者は常に市場を調査したり顧客の悩みを探ったりしています。でも経験を積めば積むほど、全くの初心者さんの気持ちというのがつかみにくくなってきます。

 

そこで自分より経験が浅くて、初心者さんとの距離が近い人の情報を集めるようになるんです。
この部分の情報は、初心者じゃないけれど経験はまだ浅いという人の方が強いですよね。

 

なので慣れないうちは抵抗を感じるかもしれませんが、情報提供を行うことにはなんのデメリットもありませんので、初心者だろうが未経験者だろうが今までセールスやマーケティングなんかしたことなかろうがお構いなしに行動してもらいたいんです。

 

どれだけ情報提供しても人の悩みは尽きない

また、「人の悩みや欲望は尽きることはない」という観点からも、情報提供をガンガン行ってもらいたいんです。

 

ちょっとインターネットで調べれば情報やコンテンツが山のように見つかりますが、どれだけ情報を集めても「もうこれで十分だ!」ということにはならないんですね。

 

顔の一部を一度でも整形したことがある人がそれだけで満足する事なく、2回3回と整形を重ねるのと同じように、ある悩みに気づいた人はそれを解消するためにいくら情報を集めても決して満足する事はないんです。

 

「そのことについてはわかったけど、じゃあこれってどういうことなんだろう…?」という感じで、次から次に知りたい事が増えていくんですね。

 

このことを心理学用語で「好奇心の隙間理論」と呼ばれたりします。

 

なので、もしあなたが「自分なんか大した情報を持ってない」と思い込んでいたとしても、その情報が読者にとって有益なものになる可能性はかなり高いんですね。

 

それに例えば書籍1冊とってみてもわかるのですが、「煮物の作り方」という本を持っていたとしても、好きな人はそれに似た本を何冊も買ってしまうじゃないですか。決して煮物の本1冊だけで満足することはありません。

 

情報提供をすれば救世主になれる

今の時代あらゆる悩みが蔓延しています。

 

  • 太ってる
  • 嫁との仲がうまくいかない
  • お金がない
  • 出会いがない
  • 今の仕事は将来性がない

 

など、挙げるとキリがありません。そして多くの人は、悩みがあってもどうしたらいいのかわからないし、どの情報を信じればいいのか判断がつかない状態なんです。

 

あなたはそういった人たちの救世主となる貴重な存在です。だからこそビジョンを掲げて価値観を共有したり、読者さんにとっての理想の未来を語る必要があるんですね。

 

 

なので、読者さんやお客さんが理想の未来を手にいれるには…

 

  • どういった方法を実践すればいいのか
  • どんな考え方を持った方がいいのか
  • どんな間違った価値観を正すべきか
  • 他の手段と比べ、あなたの手段がなぜ一番なのか
  • 具体的に、どんなファーストステップを取ればいいのか

 

これらの項目を丁寧に伝えていけば、あなたの信頼残高はどんどん高まっていくこと間違いなしです^^

 

それではここまでお読みくださいましてありがとうございました。

 

大きな情熱から豊かな資産を
田邉輝恭

 

『仕事ヤメるんじゃなかった』という状況になる前に

この記事でもふんだんに使った「コピーライティングのテクニック」なんですが、これってプロモーションの構築にも欠かせないんですね。

 

あなたが最後まで見たということは、知らないうちにコピーライティングによって、心を動かされていたのかもしれません。

 

このコピーライティングをプロモーションとは切っても切れないメルマガに応用すれば、大成功を収めるプロモーションをアッサリと組む事ができるようになります。

 

そんなメルマガを使って、思わずハグするほどの信頼関係を結ぶライティング術をこっそり公開してみました。

 

どれだけ要望があるのかわからないのでテスト開催という形をとっています。

 

もし興味がございましたら、信頼関係を生むメルマガライティングの世界を、無料でちょっと覗いてみませんか??

 

 
投稿を作成しました 40

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。