ビジョン共有で独自性と差別要素をうち出そう!

【この記事のプレゼンター】田邉輝恭
WEBプロモーター。煽らない自然体なライティングで商品を販売し業界平均を超える成約率と
高い満足度でリピートしていただくプロモーションの構築を得意としている。
なお本人は熱烈的な納豆親父である。弱点はあさりとシジミ。

詳しいプロフィールはこちら
完全無料のメルマガと読者の感想

こんにちは。
WEBプロモーターの田辺です!

 

情報過多と言われる現代。その中で単純に情報発信していても、当然のように似たようなコンテンツやメッセージに埋もれてしまい、表舞台に立つことなんか到底できませんよね。

 

ポジショニングとかニッチを狙うなどの戦略というものは存在するんですが、そのようなあなたしかおらず、かつ市場に大きな需要がある場所を見つけ出すのは非常に困難なのが現実です。

 

でも、だからと言って諦めるわけにはいきませんよね?

 

独立を果たして、望み通りの収入を得ながら自分のペースで自由に生活を送るためには、メッチャわかりやすい「あなただけが出来る何か」を大きく明示する必要があります。

 

そこでぼくがオススメする方法は「ビジョンの共有」です!

 

 

ビジョンの共有とは?

ビジョンの共有というのは例を挙げるとするなら、漫画ワンピースの主人公ルフィが言っている「海賊王に俺はなる!」ってやつですね^^

 

その言葉を旗印に、ゾロやナミといった仲間が集まってきます。

 

つまりあなたがビジネスを通じて達成したいことや、ビジネスをしている理由を明確にすることで、その価値観をわかってくれる仲間を集めていきましょう!ということです。

 

もちろん、自分のビジョンというものはいきなりパッと閃くものではありません。しっかりと自分の内面と対峙したり、保有しているビジネスの特徴や今までの経験などから導き出されるものです。

 

それに誰かから強要されて仕方なく考えるモノでもないんですね。

 

でも、もしあなたが何かしらのビジネスを行なっているのなら、いくら軽い気持ちで始めたとしても”れっきとした起業家”であることは忘れないでもらいたいんです。

 

なぜビジョンの共有が大切か?

ぼくも含め、個人でビジネスをする弱者にとって「ビジョン」というのは、とても重要なファクターです。

 

なぜなら、ここがライバルとの差別化に繋がる部分でもあり、読者さん・お客さんからの支持、共感を得られる部分でもあるからです。

 

冒頭でもお話ししましたが市場でリーダーの座を勝ち取るには、明確な誰にでもわかりやすい「あなただけのポジション」が必要不可欠です。

 

もちろん、あなたしか持ってない希少性の高いノウハウというのがあれば、速攻で市場のトップに立つことができます。そうすれば、あなたを頼りに集まるお客さんを簡単に増やすことができるようになりますよね。

 

だけど現実は厳しく、そんなものは滅多に手に入りません。これは誰にでも当てはまることですし、当然ぼくにだって当てはまります。

 

でもノウハウやメソッドで差別化できなくても、あなたが達成したいビジョンだったらどうでしょうか?

 

もうおわかりのことでしょうが、あなたのビジョンというのはあなたしか考えることはできません。

 

なので、たとえ他の誰かと似たような情報を発信したとしても「価値観」の部分で繋がることができますので、読者さんがあなたの元から離れることは少なくなるんですね。

 

例えば、手前味噌で申し訳ないんですが、ぼくのビジョンは次のようになっています。

 

地方のスモールビジネスが世界に羽ばたくためのマーケティング力と情報発信力を全力で提供し
妥協することなく成長し続け、やりたいことをやる真の人生を歩める地方作りを目指します。

 

このメッセージへの想いを説明しますね。

 

今も先進国として発展している日本なんですが、最近は有名どころの大企業が経済難に陥ったり、不祥事を起こしたり外資系企業に買収されたりと、全体として士気にかけるところが目立つようになっています。

 

アメリカや中国といった海外の方が、世を変えるような大きな技術を開発していますし、日本の十八番である「モノづくり」はあまり日の目を見ないようになってます。

 

だけどぼくは、ここ日本国はまだまだ有り余る底力を持っているとわかっています。

 

なぜなら、日本が再び世界のトップとして脚光を浴びるための「世界が驚く商品」を作る技術やノウハウが大量に眠っているからです。そして、そのキーとなるのが「地方の小さな企業」なんですね。

 

よく思い出してもらいたいんですが、痒いところに手が届く人々が本当に欲しがる商品というのは、そのほとんどが無名の小さな会社が作ったりしています。

 

だけど寂しいことに、本当に人々の役に立つ商品のほとんどは大きな脚光を浴びることなくひっそりと消えていってしまってます。

 

そうです。職人性の高い企業は、その多くがマーケティングやセールスが弱いというのが現状です。なのでぼくは、その弱い面をお手伝いすることで「世界が驚く商品」を全力で情報発信して、世界のすみずみまでアピールしていきたいのです。

 

そうすることで、地方の小さな企業たちは活気がつきます。するとその企業に人材が集まるようになり、従業員や後継者の確保ができるようになります。

 

そんな企業がジョジョに増えてくると、今の日本の一番の問題である”一都市集中型”を解消することができるので、国全体として価値を上げることができるようになります。

 

ぼくはそんな世界を作ろうと本気で思ってるんですね。

 

ビジョンを作ってみよう!

ぼくも正直いうと初めからビジョンがあったわけではありません。

 

独立して活動を続けたり、メンターから教わったりする中で少しずつ見えてきたんですね。

 

なのであなたがもし「ビジョンとかそんなものはない」と思っていても、なんの問題はないのです。だけどぼくとしては、競合との差別化をするためにも、そして何より情報の波に揉まれて「いったい何を信じればいいんだ…」と疲れ果てている方たちを救うためにも、ビジョンをしっかり作ってもらいたいんです。

 

もちろんいきなり完全なものを作る必要はありませんし、一生使い続けるものを考えることもありません。
今のあなたが「叶えたい!」と思う、身丈より少し大きめなビジョンで構わないんですね。

 

とはいえ、そう簡単には考え付かないと思います。
なのでぼくが今まで活動したり学んできた中で、「この視点が大事だな」と思えたものがありますので、紹介しますね!

 

  • ビジネスが将来どのような形になっているのかを示す心的なイメージ
  • 自分の仕事がトップになった時の最終的な成果
  • そのビジネスが達成しなければならないことは何か、どのような商品・サービスを提供するのか、どのように社会に貢献するのかということに関する記述

 

これら3つの視点でビジョンを考えると、あなたが大切に思う価値観や望んでいる顧客像が見えてくるようになります。

 

 

ビジョン作成時の参考アウトライン

次に紹介するものは、ぼく自身が発見したものではありません。

 

ビジョンの見つけ方のフレームワークはたくさんあるのですが、ぼくが多くの中小企業の社長さんとお付き合いする中で、明確なビジョンを持っている人が共通する視点をピックアップしたものです。

 

あなたのビジョン作成にあたり、お役に立てたら嬉しいです^^

 

  1. 従業員は、なぜ私のために働きたいと思うのか?
  2. 顧客は、なぜ私から買いたいと思うのか?
  3. この市場において、どのようなてんでライバルと異なる会社にしたいのか?
  4. 私のビジネスはどのように社会貢献を行うのか?
  5. 私の会社は、なぜ存在するのか?その目的は何か?
  6. なぜ私は、この美女ねすを保有したいと思うのか?なぜこの会社を誰かが買いたいと思うのか?
  7. 私は、どの市場に最高の価値をもたらすことができるのか?
  8. 私のビジネスは、何にコミットするのか?
  9. より良いものを提供するためには、どのようなレベルのコミットメントが必要か?
  10. このビジネスを作り上げようとする私の情熱は何か?
  11. なぜ私のビジネスは、私を嫌ったり、賞賛したりするのか?
  12. 私のビジネスは、どのような商品やサービスを生み出せるのか?
  13. 私のビジネスが成功した段階で、どのようなことが達成されているか?

 

それでは、ここまでお読みくださいましてありがとうございました。

 

田邉輝恭

 

※注意※放送事故レベルのプロモーションを組む前に

この記事でもふんだんに使った「コピーライティングのテクニック」なんですが、これってプロモーションの構築にも欠かせないんですね。

 

あなたが最後まで見たということは、知らないうちにコピーライティングによって、心を動かされていたのかもしれません。

 

このコピーライティングをプロモーションとは切っても切れないメルマガに応用すれば、大成功を収めるプロモーションをアッサリと組む事ができるようになります。

 

そんなメルマガを使って、読者さんと強制的に信頼関係を結ぶライティング術をこっそり公開してみました。

 

どれだけ要望があるのかわからないのでテスト開催という形をとっています。

 

もし興味がございましたら、信頼関係を生むメルマガライティングの世界を、無料でちょっと覗いてみませんか??

 

 
投稿を作成しました 40

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommended

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。