田辺、思わぬ所で市場誕生に遭遇する

ぼくはあまり普段から新聞から情報を集めるタイプでは

ないのですが、日経新聞だけはとってるんですね。

 

しかも自らとったワケじゃなく、

付き合いの延長でとってるだけなんです。

 

で、その日経新聞。

 

土曜日版に、NIKKEIプラス1というのが

別冊として付属しています。

 

NIKKEIプラス1の1面は固定されていて、

「何でもランキング」というコーナーが

いつも紹介されています。

 

つい最近のものでは、

早春に咲き誇る絶景の花の名所ランキング

が紹介されていて、

 

神奈川県湯河原町の

湯河原海林が第一位に輝いてました。

(他にもいろんなランキングが紹介されていて

結構おもしろいです^^)

 

で、そんな感じで読んでいると

3面にデジタルエンディングノートというのが

載ってたんですね。

 

若干、どんなものかイメージつくと思うのですが、

そんな言葉を見たことがなかったので

「んん?」っと、ちょっと気になっちゃいました。

 

で、読みすすんでみると、

なんでも近ごろは、亡くなった人のスマホやパソコンが原因で、

未納金の支払い催促や、コンテンツの削除といった

トラブルに遺族が頭を抱えるケースが増えている、というのです。

 

なので、デジタル終活の一環として

 

  • スマホやパソコンのID、パスワード
  • 有料アプリとサービス名
  • ネット銀行、ネット証券の口座
  • ブログやSNSのアカウント
  • 利用停止など死後の希望

 

などを記した

デジタルエンディングノートを作りましょう。

と、提唱されてるみたいなんですね。

 

 

と、そこまで読み進めたのですが、

冷静に考えると、このデジタルエンディングノートは、

すでに終活というジャンルで

けっこう話されてた内容だったんですね。

 

だけど、「終活」という一括りのジャンルから

エンディングノートというカテゴリーが生まれました。

 

そして、そのサブカテゴリーとして、今回は

デジタルエンディングノートというのが生まれています。

 

 

これってまさに、ニッチ化から専門性が生まれた

典型的な例なんですよね。

 

で、今までは「終活」として、ものごとを捉えてたのに、

「デジタルエンディングノート」という言葉のおかげで、

デジタル方面の終活にも意識が向くようになりました。

 

 

まさに田辺は今、

カテゴリーの創造とわかりやすいネーミングで

市場を生んだ瞬間に遭遇した、というワケです(^^)/

 

さて、このデジタルエンディングノートの事例。

あなたなら、どう活かしますか?

 

ぜひ、教えてもらえると嬉しいです^^

 

 

 

ありがとうございました!

 

投稿を作成しました 40

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。