集客する為に必要なニッチターゲティング理論

【この記事のプレゼンター】田邉輝恭
WEBプロモーター。煽らない自然体なライティングで商品を販売し業界平均を超える成約率と
高い満足度でリピートしていただくプロモーションの構築を得意としている。
なお本人は熱烈的な納豆親父である。弱点はあさりとシジミ。

詳しいプロフィールはこちら
完全無料のメルマガと読者の感想

こんにちは!
WEBプロモーターの田辺です!

 

どんな業種であれビジネスというものはマネーゲームだということは、あなたもご存知だと思います。

 

なので、キャッシュフローが止まる=ゲームオーバーだということは、よくわかっていることでしょう。キャッシュフローを止めないためにも、自社の商品を買ってくれる人を集め続けなければなりませんよね。

 

なぜなら、世の中どんなに探しまわってもお金を使ってくれるのは「人間」しかいないんで。

 

だからこそみんなこぞって新規客集めにヤッキになりますし、「新規客こそがビジネスの生命線だ!」と言われたりするんですね。

 

だけど、集客をする前に決めないといけないことがあるんです。

 

集客を始める前にターゲットを決めよう!

集客をする前に決めるモノは「ターゲット」です。

 

ターゲットとはつまり、商売の取引相手にしたい対象のことをいうのですが、この表現はなんだか人をただの標的に見下ろしている感じがするのであまり好きじゃないという方も多いです。ぼくもその意見には賛成です。

 

でもこの場では「ターゲット」と表現した方が伝わりやすいので、このままお話を続けさせてください。

 

一般的にターゲットを決めると、費用(コスト)が下がり売上があがると言われています。逆にターゲットがないと、費用(コスト)ばっかりかさばってショッパイ売上しか出ないとも言われています。

 

なので、どんな人を集めるのかということを事前に明確にしておかなければならないんですね。繰り返しますが、これはネットビジネスだけの話ではなくて、ビジネス全般に言えることなんです。

 

ターゲット像を作る為に決めること

基本的にターゲット像を作るときは、たった一人の人物が出来上がるくらい細かくデータを設定していきます。

 

  • 名前
  • 性別
  • 住まい
  • 年齢
  • 家族構成
  • 職種
  • 年収
  • 夜、ふとした時に襲ってくる不安
  • 今抱えている解決できない悩み
  • 生きる上での信念

 

などといったモノですね。

 

もっとたくさん決めた方がいいのですが、もしあなたがターゲットを決めたことがないというのであれば、まずはこの項目あたりから決めていくといいです。もちろん、あなたにとって理想的なお客さん像と現実的なバランスを考えなければなりません。

 

もちろん、あなたにとって最高のお客さんがすでに顧客として存在しているなら、その人のことを書いてください^^

 

ターゲットを決めないとメッセージが刺さらない

さて、ターゲット像を決めてもらいましたが、当然それだけだとなんの意味もございません。

 

本当に大事になってくるポイントはここからで、ターゲットを決めたらその人にしか伝わらないメッセージを作って情報発信してもらいたいんです。

 

  • ブログのタイトル、記事の見出し、記事の内容
  • メルマガの件名
  • セールスメッセージ
  • 広告メッセージ
  • 動画・音声コンテンツの内容

 

などの場面であなたが使うメッセージを「これを言えばあの人だけはわかってくれるし、喜んでくれるな。」というレベルにまで落としこんでもらいたいんですね。

 

相手の心に鋭く突き刺さるメッセージを作る為には、「これはオレのことだ!」と感じてもらえるくらい人物像を絞り上げなければなりません。もしターゲットがなく、日本人なら誰でもわかるレベルでメッセージを止めてしまうと、よくある選挙演説みたいに顔と政党が違うだけで中身は同じというような「あーまたこれか」というモノが出来上がってしまいます。

 

いわゆるコモディティ化ですね。これだと一個人がビジネスという大海原で勝てるわけがありません。

 

それに、優れたマーケッターの中で共通認識されている言葉があります。それは「最も個人的な内容は、最も一般的なモノだ。」というものです。

 

これはつまり、どんなに局地的で自分にしか理解できないことだとしても、実は多くの人が似たような経験をしたことがあるということを示唆した言葉です。

 

なので、メッセージをたった一人の為に鋭くすればするほど、逆説的ではありますがより多くの人の心の奥底をエグることができるわけなんですね。

 

もしあなたがこれからビジネスを始めるのであれば、またすでにビジネスを行なっているのであれば、集客をする前「あなたにとっての理想のお客さん像」を作ってくださいね(^^)/

 

それではここまでお読みくださいましてありがとうございました。
田邉輝恭

 

『仕事ヤメるんじゃなかった!』と後悔する前に

この記事でもふんだんに使った「コピーライティングのテクニック」なんですが、これってプロモーションの構築にも欠かせないんですね。

 

あなたが最後まで見たということは、知らないうちにコピーライティングによって、心を動かされていたのかもしれません。

 

このコピーライティングをプロモーションとは切っても切れないメルマガに応用すれば、大成功を収めるプロモーションをアッサリと組む事ができるようになります。

 

そんなメルマガを使って、思わずハグするほどの信頼関係を結ぶライティング術をこっそり公開してみました。

 

どれだけ要望があるのかわからないのでテスト開催という形をとっています。

 

もし興味がございましたら、信頼関係を生むメルマガライティングの世界を、無料でちょっと覗いてみませんか??

 

 
投稿を作成しました 40

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。