セールス力が倍増する2つのコミットメント

【この記事のプレゼンター】田邉輝恭
WEBプロモーター。煽らない自然体なライティングで商品を販売し業界平均を超える成約率と
高い満足度でリピートしていただくプロモーションの構築を得意としている。
なお本人は熱烈的な納豆親父である。弱点はあさりとシジミ。

詳しいプロフィールはこちら
完全無料のメルマガと読者の感想

こんにちは
WEBプロモーターの田辺です。

 

セールスコピーの反応が取れないな〜と感じたことはありませんか?

 

反応率や成約率をあげるために多くのテクニックやノウハウ、理論が存在するのですが、実はそんな難しいことを学ぶ前にたった2つのことだけ覚悟を決めれば、すんなりと心に刺さるメッセージをかけるようになります。

 

意外とこのことを知らずにビジネスをしている人が多いので、この場をお借りしてシェアさせていただければと思います^^

 

売れない時代に稼ぎ続ける人だけが持つコミットメント

ネットビジネスで儲けてやるぞ!と奮起して参入する人は年々多くなってきていますが、そのほとんどはただの5000円も稼げていないことをご存知でしょうか?その一方で月収100万円、500万円と稼ぎ続けている人がいるのも事実です。

 

この2つの差は何だと思いますか…?

 

この差を知らなくても、確かにネットビジネスを続けることは可能です。だけど収入を伸ばすとき、またターニングポイントを迎える時に必ず躓くことになります。

 

もったいぶっても仕方ないので言いますが、それは商品を売る時の信念・心構えを持っているということです。

 

つまり、こんな売れない時代に稼ぎ続ける人たちは全員「自分はこのために商品を売ってるんだ!」という、強い意思があるということなんです。

 

しかもその意思というのはみんなバラバラではなく、全く同じ事を信念としているんですね。それがタイトルにも書かせてもらった「2つのコミットメント」なんですね。

 

2つのコミットメントとは?

ネットビジネスで稼げない人に共通して言える事なのですが、その人たちは完全に2つのコミットメントを持ち合わせておりません。その2つのコミットメントというのが

 

  • どんな手を使っても人を救うためにやる
  • どんな手段も見込み客に商品を買ってもらうためにやる

 

というものです。

 

つまり稼げない人というのは、セールスの段階で躊躇してしまったり、何が正しいのかわからなくなって「買わなきゃバカだよね」といった煽りばかりしてしまったり、「文章なんか書けない」とハナから諦めてしまうんですよ。

 

商品やサービスというものは、人の悩みや問題・課題を解決するものなので、手に取ってもらわない限りその人を救うことはできないんですね。だけどもお金に対してネガティブな印象を持っているせいなのか…

 

  • 要らないものを押し付けているような気がする
  • お金をもぎ取ってしまった
  • こんなことしても買ってもらえないよ

 

と勝手に決めつけて、セールスに対してグッと踏み込むことができなくなっているんです。

 

確かに相手を思いやる気持ちというのは大切です。この感性も日本人ならではなのかもしれません。ぼくだってWEBで信頼関係を短期で築くための講座を開いたりしています。
 
だけどセールスの場面においては完全にNGな考え方なんですね。

 

それに、「どんな手を使っても人を救うためにやる・どんな手段も見込み客に商品を買ってもらうためにやる」というコミットメントを持っていなければ、売上レベルでも精神レベルでも次のステージに進む際に、迷いや悩みが出てしまいます。

 

「オレは本当にこのままでいいんだろうか」とか「なんでこんな事をしているんだ」といった事を考えちゃうんですね。

 

コミットメントして常に次のステージへ

結果を出し続けて、50万円、100万円と稼ぎ続ける以上、ぼくたちは「なんでこの商品をお客さんに提供するのか?」という質問と常に戦うことになります。

 

なぜなら、全ての商品・サービスはお客さんを救うためにありますからね。

 

  • なんのお役に立てるのだろうか
  • どんな人のもとに渡るべきなのか
  • お客さんは何を求めてるのだろうか

 

こういった視点は商売をするなら、眠たかったらアクビが出るくらい当たり前のように持たなければなりません。

 

「とにかく金さえ手に入りゃーいいんだよ」という人も一定数いますが、彼らはその瞬間では確かに稼ぐことができるかもしれません。けど、”稼ぎ続ける”という目線で見ると待ったなしで消えていくことになるんですね。

 

また、これこそ大切なポイントなんですが、大半の人はマーケティングメッセージやセールスメッセージを作るときにヒヨってしまいます。

 

簡単に説明しますが、マーケティングとは商品を購入するときに持つべき信念を塗り替えることで、セールスとは購入のモチベーションを最大化することです。そのためにたくさんの理論やテクニックがあるのですが、商売経験が少ない人にとっては刺激が強いものも多々存在するのです。

 

なんども繰り返すんですが、ぼくたち商売人はお客さんに商品を手にとってもらうことで救う事ができます。つまりそれが義務であり、できないのなら何の役にも立たないただのポンコツ野郎です。さっさと商売から離れた方が身のためかもしれません。

 

なので、細かなテクニックやノウハウを学ぶ前に、この2つのコミットメントを持つだけでもセールス力はアップしますので、商売に対して強い覚悟を持っていただきたいと思います。

 

それではここまでお読みくださいましてありがとうございました。

 

大きな情熱から豊かな資産を
田邉輝恭

 

『仕事ヤメるんじゃなかった!』と後悔する前に

この記事でもふんだんに使った「コピーライティングのテクニック」なんですが、これってプロモーションの構築にも欠かせないんですね。

 

あなたが最後まで見たということは、知らないうちにコピーライティングによって、心を動かされていたのかもしれません。

 

このコピーライティングをプロモーションとは切っても切れないメルマガに応用すれば、大成功を収めるプロモーションをアッサリと組む事ができるようになります。

 

そんなメルマガを使って、思わずハグするほどの信頼関係を結ぶライティング術をこっそり公開してみました。

 

どれだけ要望があるのかわからないのでテスト開催という形をとっています。

 

もし興味がございましたら、信頼関係を生むメルマガライティングの世界を、無料でちょっと覗いてみませんか??

 

 
投稿を作成しました 40

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recommended

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。